国家試験への道

HOME > 国家試験への道 > 薬剤師国家試験予備校 Medisere (メディセレ)

Medisere 探してもみつからない価値あるものをみつけよう
Medisere流 「1時間で3時間分の勉強法!」

 

  今年の傾向と対策
 
  魚群探知機(過去問)を最大限に活用する。
  国試の内容は年々変化し、難易度が上がっています。しかしながら、薬剤師として必要な知識、スキルは毎年変わるものではありません。(重要ポイントが毎年コロコロ変わるようでは、それは本当の意味で重要ではないのです。)したがって、過去問題を5年分も解けばその中に重複する内容を見いだせるはずです。何度も出題されている内容は「重要だから出題される」のであり、93回国試でも当然問われる可能性が高いのです。
  ココをねらって勉強すればかならず効率よく結果を得ることができます。魚群探知機(過去問題)で魚の群れ(頻出項目)を見つけて釣り糸を垂らせば、間違いなくたくさんの魚を釣り上げることができますよね。それでは科目別にいくつかご紹介します。

  科目別ココを勉強しよう!  
 

【有機化学】
問1は「骨格」か「命名法」のどちらかが出題されています。92回は「骨格」でしたので93回は「命名法」が出題される可能性が高い!命名法は母体やRS、EZが理解できているかを確認する問題が多く、勉強を始めるならまず母体から取りかかりましょう。母体がわかれば問題が格段に解きやすくなります。
また、反応はアルケンと芳香族を中心に出題されますのでこれらの反応のうち、いくつかは暗記してしまいましょう。

【衛生薬学】
食中毒、水環境は頻出です。食中毒を起こす原因菌、症状は押さえます。頻出の細菌は、黄色ブドウ球菌、ボツリヌス、ビブリオ、O-157の4つです。

【薬事関係法規】
一般用医薬品(OTC)が3つのカテゴリーに区分されました。2008年からスタートする販売制度に新たに登録販売者がでてきます。この登録販売者制度の開始にともなって、一般用医薬品の分類が今年のヤマになるでしょう!
また、今年は食品の品質管理が話題になりました。(賞味期限を偽った「◯い恋人」など…)そこでGVP(医薬品、医薬部品、化粧品及び医療機器の製造販売後安全管理の基準)が今年のトピックスとして出題されると予想されます。

【薬理学】
自律を制するものは薬理を制する!薬理は医療の根幹をなす科目ですので、薬理を制するものはさらに医療を制します。薬理学では「血圧反転」が2年に一度の頻度で出題されています。
しかし、91回、92回とも出題されていません。おそらく93回ではこの「血圧反転」の内容が出題されるでしょう。

【病態生理・薬物治療】
治療30題中、5題が悪性腫瘍!したがって、参考書は前から読まず、悪性腫瘍から読みましょう。
肺癌は2年に一度出題されます。92回は出題されていないので93回は肺癌がヤマとなります。

 
   
     
  忘れない、長期記憶を形成!  
  Medisereでは毎日朝10時から、前日の講義内容を確認する「デイリーテスト」を行います。ドイツの心理学者エビングハウスによれば、記憶は1日、1週間、1ヶ月で大幅に減っていくそうです。特に1日で記憶は80%ほど思い出せなくなってしまっているのです!なんだか悲しくなりますが、逆にこの1日、1週間、1ヶ月経過した時に、思い出す作業(アウトプット)を行えばその記憶は長期記憶に変わるのです。このアウトプットはタイミングも大切で、特に1日後のアウトプットが最も効果的と言われています。翌日のアウトプットの時間はまさに「ゴールデンタイム」!5分で1時間勉強するのと同じ効果が得られるのです。前日解けなかった問題を、翌日もう一度解くことはとても効果的です。  
   
  【五感をつかう】
五感を使って覚えたことは忘れにくいのです。そこで、おすすめは「巻き込み型勉強法」!周囲の友人を巻き込んで勉強会を開いてみましょう。人それぞれ得意科目、好きな科目があるはずです。4〜5人でそれぞれが先生役をやります。決められた科目の決められた範囲を各々が講義して教え合うです。もちろん有機が得意な友人から習えば、覚えておくべきポイントが明確になりますし、わからないことがあっても、有機が得意な友人に聞けば解決も早いのです。また、試験中にも「ココは、◯◯さんがこんなことを言っていたな…」と友人と話した会話の内容を思い出し、記憶を呼び覚ますキッカケがつかみやすいのです。一人で、頭の中で参考書を読むだけでは脳の決まった場所しか使用せず、記憶に残りにくい上に、眠気に襲われます。そこで耳、口を使って記憶するのです。ぜひ、一度試してください!
 
     


講師のここがポイント

講師の一言
食わず嫌いじゃぁソンします!有機って「その場で何となく解けそう」なイメージがありますが、まずはしっかりとした暗記でベースの知識を作ることが重要です。有機化学ではとかく「丸暗記は悪」のようにとらえられますが、「詰め込み、丸暗記は最善」です。反応を進行させるためにはまず、化合物の名前をみてその構造が正しく描けなければなりません。
このベースの知識が身につけば、有機化学の道は大きく開けます。有機化学の食わず嫌いの学生さんは、このベースの知識がない人が多い。まずは食わず嫌いを克服するためにまずは暗記から始めましょう!
講師:園部 和史(ソノベ カズノリ)
     
これからの薬剤師になる方々へ  
 
Medisere 代表取締役社長 児島 恵美子(コジマ エミコ) 平成18年度より、薬学部は6年制に移行しました。
また、平成14年度から薬学部の増設が相次ぎ、46校であったのが、18年度には48校が卒業生を出し、19年度には56校、20年度には62校と増え、現在72校に薬学部が増えました。
5年後には6年間の薬学教育を受けた薬剤師が社会に出てきます。これを不安に思う現場薬剤師も多いのです。ぜひ、皆さんは6年制薬剤師が社会に出てくる前に、実務経験を十分積んでほしい思います。そのために、皆さんには自分自身を高められる職場を見つけて下さい。
就職活動ではぜひ、お給料や地理的条件だけではなく「自分をどれだけ高められる職場かどうか」ということも判断基準の一つに入れてみましょう。
 
     
結果を出すためには…  
 

講師:川上 絢美(カワカミ アヤミ)「成績上位をねらう!」のです。脳は、嬉しかった経験、楽しかった経験はもう一度経験したいと思います。「嬉しかった・楽しかった経験」は、繰り返しその行動をとるように習慣づけられるのです。もし、「勉強=楽しいこと」だったら勉強は苦痛ではなくなり、むしろ何度も勉強したくなります。
では、どうすれば「勉強=楽しいこと」になるのでしょうか。それは一度でいいから成績上位、ミニテストなどで満点をとることです。自分の順位が学内で上位にあったら、全国順位が上がったら…「達成感」や「優越感」が得られます。
これはとっても快感で、気持ちのいいもの、嬉しいものです。こんな経験が一度でもあれば、勉強することへの苦痛は大幅に軽減するはずです。

実際に私も中学生のころ理科で満点をとったことがありました。その時から化学や物理、生物を勉強することが快感で、知識が増えることがとても嬉しく感じられました。当然、成績も理数系は、飛躍的に上がっていきました。もうむしろ「私って天才?」ぐらいの勘違いさえしてしまうほどでした。(今から思うとバカだったなぁ、と思いますが)
小さくてもいいのです、成功を体験することが重要なんです。同じ勉強するならぜひ、上位をねらってください。その時に達成感がえられれば、これ以上の自分へのご褒美はありません。
そして「勉強をしたい」という気持ちを強くすることが国試に受かるコツであると私は考えます。

 


教え子の声

卒業生
自分を見直す勇気を与えてくれたものがある! 自主的なやる気を引き出す指導と学ぼうとする姿勢をサポート
     
薬剤師:S.Nさん国家試験の発表後に、自分なりの気持ちの整理をして翌年の受験に向けて何が自分に必要かを見つめ直しました。自分のやる気は当たり前ですが勉強の環境を考え、メディセレの講師の先生方の熱意と合理的な考え方にこれだと思いました。
 
一言インタビューへ
 
薬剤師:●.Yさん2ヶ月半程度のコースだったにも関わらず、効率・要領を考慮され、国家試験に対するポイントを抑えたアプローチと、基礎力を充実させると共に、応用力も養って頂けるような指導の方法などに支えられ、無事国家試験に合格することが出来ました。

薬剤師国家試験 予備校 メディセレへ

薬剤師国家試験対策
国家試験への道   国家試験への道
講師から国家試験合格へ...
これからの心構え   これからの心構え
国家試験予備校校長...
プロが教える勉強法   プロが教える勉強法
国試のプロが...
心の相談室
アルカ調剤薬局
アクセスマップ
Copyright(C) ARKA Pharmacy All rights reserved.