薬剤師の進路

HOME > 薬剤師の進路 > 新薬研究開発 行政・教育研究者へ

新薬の研究開発者として、また、行政、教育者として
製薬企業、MR、として新薬を医師に伝える
  学術、研究、開発、品質保証など専門的な仕事です。  
     
  MRは医薬品の安全性や副作用の情報を正確に医師や薬剤師に伝える業務です薬学の知識とコミュニケーションで新薬の紹介をします。  
     
  創薬研究はメーカーの研究室で実験研究試験を繰り返し未知の化合物のメカニズムを解明し有効で効果的な副作用の少ない新しい作用を持つ薬を生み出す仕事です。  
     
  治験コーディネーターは 新薬の安全性と有効性をデーターで証明するための担当者です、インフォームドコンセントの支援や患者様の心のケアなども行います。  
行政公務員
  薬学知識と経験で国や地方の所属機関で、環境衛生、公害防止の指導、食品、薬、化粧品の検査取り締まりなど広範囲の仕事を行います。  
       
    国家公務員 (厚生労働省 文部科学省)  
    地方公務員 (県薬務課、保健所、衛生研究所、公害研究所等)  
教育研究者
  大学院に進学後、大学や付属病院の教育や研究機関で教職員や研究者としての仕事を行います。
(医科歯科系大学、大学付属病院の教職員や研究員)
 


このページのトップへ

 

薬剤師国家試験対策
国家試験への道   国家試験への道
講師から国家試験合格へ...
これからの心構え   これからの心構え
国家試験予備校校長...
プロが教える勉強法   プロが教える勉強法
国試のプロが...
心の相談室
アルカ調剤薬局
アクセスマップ
Copyright(C) ARKA Pharmacy All rights reserved.