薬剤師として
治療をサポートしている喜びを
感じます

姫路獨協大学
生化学2013年卒業C.O

Q1. この仕事の魅力は?

自分の知識が患者様と薬の架け橋となり、自分の思いやりの一言が患者様の治療の励みとなって、自分の手渡す薬によって症状が改善していく姿を見ると薬剤師として治療をサポートしている喜びを感じます。

Q2. プライベートは何をされていますか?

サッカー観戦が趣味で、時間があれば、大好きな地元兵庫県のクラブチームVissel Kobe の応援にスタジアムに行っています。スタジアムでの観戦は、老若男女問わず一体感があり、あっという間に時間が過ぎていきます

Q3. これからの目標は?

私の理想は患者様が「分かりやすい説明だな。」「あなたに聞いて良かった。」「あなたがいるからこの薬局に来るよ。」と言って頂ける薬剤師です。そのためまずは、薬剤師としてスペシャリストよりもジェネラリストを目指して、たくさんの処方に触れて、幅広い知識をつけていきたいと思います。

Q4. 学生の皆さんへメッセージをお願い致します。

国家試験の勉強は先の見えない不安な気持ちになるかもしれませんが、私は今日出来る限界を!をモットーに自分を奮起させて猛勉強しました。諦めず自分を信じて先を目指して下さい。人生に占める仕事の割合は多く、仕事が充実しているかによって人生の満足度は違ってきます。だからこそ、皆さんは今しかない学生生活も十分謳歌し、そして難関の国家試験を突破して、使命の場所で、理想の薬剤師になりましょう!薬剤師になられた皆さんとお会い出来る日を楽しみにしています。

TOP