教育・研修

HOME > 教育・研修 > 薬剤師の基本的な考え方

・アルカ調剤薬局では患者様、処方医から信頼され地域医療に貢献できる薬剤師の育成。

・地域社会から信頼を勝得る調剤薬局はどうあるべきか自らが考え、積極的に行動に移せる人材の育成。


服薬指導=薬剤情報の提供+カウンセリング


薬剤師の視点

内部プロセスの視点

患者様、地域住民、医師、医療関係者の視点からみて
十分な満足と信頼の獲得を目指します。



(1) 調剤薬局の適切な運営を行なうための組織が確立されていて、適切に運営されていること。
(2) 調剤薬局における職員の組織図が明確になっており、担当職務が明確になっていること。
(3) 労働基準法に基づく就業規則、賃金規則があり、人事考課制度が適切に運営されていること。
(4) 調剤薬局で発生する緊急事態に備えて危機管理マニュアルが整備されており、定期的に会員が確認されていること。
(5) 調剤に対する手順や申し合わせ事項等の遵守事項が明文化され、全薬剤師に周知され、必要に応じて、見直しが実施されていること。
(6) 疑義紹介が適切に行われ、手順が確立されており、その内容等が正確に記録、保存されていること。
(7) 個人情報に係るものが適切に管理され、破棄が行われていること。
(8) 調剤事故防止に対する対策が立てられ、実行されていること。
(9) 調剤過誤、事故発生時の対応手順が明確であり、過誤・事故発生時に適切な対応が取れる体制が確立されていること。



 指標

  薬剤師1時間当りの処方箋発行数
  在庫回転率/医薬品消耗率
  重複投薬・相互作用防止加算算定率・
  調剤ミス発生率


顧客の視点

患者様、地域住民、医師、医療関係者の視点からみて
十分な満足と信頼の獲得を目指します。



(1) 調剤薬局職員の接遇、対応を適切に行っていること。
(2) 職員に対して接遇に対する指導や教育を行っていること。
(3) 調剤薬局の基本理念や薬局の持つ機能、提供可能なサービスの内容を薬局内外に分かりやすく掲示し、その内容を住民、患者等へ広報していること。
(4) 調剤料金の内容を具体的に分かりやすく説明し、利用料金の内容を記した領収書を発行し、領収金額を明確にしていること。
(5) 患者の求めに応じ、患者情報を原則として本人に提供できるものとなっていること。
(6) 患者の立場に立った分かりやすい服薬指導を行っていること。
(7) 地域住民を対象にした医薬品の適正使用に関する講習会等に積極的に参加していること。
(8) 患者等に対して調剤した薬剤の適正使用のために必要な情報を提供していること。
(9) 構造、設備がプライバシーへの配慮、高齢者、障害者に対してやさしい構造、設備になっていること。
(10) 処方箋発行に関して、患者の待ち時間の短縮に努めていること。
(11) 個人情報に係るものが適切に管理され、破棄が行われていること。



 指標

  平均待ち時間/最大待ち時間
  薬剤服用歴管理・指導料算定率/
  特別指導加算内定率

 

このページのトップへ

 

薬剤師国家試験対策
国家試験への道   国家試験への道
講師から国家試験合格へ...
これからの心構え   これからの心構え
国家試験予備校校長...
プロが教える勉強法   プロが教える勉強法
国試のプロが...
心の相談室
アルカ調剤薬局
アクセスマップ
Copyright(C) ARKA Pharmacy All rights reserved.